lang="langOpen" xml:lang="langOpen" ・・・これは ホームページビルダー13 のバグかな・・・?

最近ホームページビルダーの最新版 バージョン 13 を使うようになって、気がついた不具合があります。

ホームページビルダー 13 で [新規ファイル作成する場合のフォーマット] を XHTML 1.0 にしておくと、以下のようなHTMLソースが作成されるんです。
d0015124_14585271.gif

通常、以下のように lang="langOpen" ではなくて、lang="ja" のようにするのだけども・・・。
(日本語の場合)
d0015124_1459442.gif

langOpen というのは初めて目にしたキーワードかもしれない・・・と思って、念のためGoogleで調べてみても該当する情報が見つかりませんし、http://www.w3.org/ にもそのような記述が見当たりません。

ということは、これはホームページビルダーのバグみたいですね。
(だとすると、かなりお粗末なんですが・・・)

ちなみに、この現象は修正プログラムをインストールした Ver 13.0.3.0 で起きるもので、Ver 13.0.0.0 では以下のように、lang= と xml:lang= の指定が入りません。この方がよほどマシですね。
d0015124_14591283.gif

新規ファイルを作成した後には、忘れずに langOpen ⇒ ja の書き換えを行っておかないといけないですね。

次の修正プログラムで解決されていることを期待しましょう。

※今日はめずらしくパソコン教室のブログらしい記事を書いてますなぁ・・・。

【2010.4.30 追記】 この不具合の解決策が見つかりました

レジストリをいじったら、この不具合が解消しました。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。
 » ホームページビルダー13 の lang="langOpen" xml:lang="langOpen" の不具合が解決しました
[PR]
by pc_klik | 2009-07-21 14:59 | パソコンのこと

新潟県南魚沼市のパソコン教室くりっくのブログです。くりっくは完全個別レッスンだからビデオ教材や講習会よりよくわかります。分からないところや疑問点はどんどん質問してください。すぐその場で解決をお手伝いします。Tel:025-779-2843


by パソコン教室くりっく