xPUD 0.9.2 を使ってみました・・・速くて軽いです

先月から xPUD 0.9.2 が気になっていました

先月 こちらの記事 で見つけた xPUD 0.9.2 というOSが気になっていました。

xPUD 0.9.2 は Ubuntu 9.10 というLinuxをベースにした高速・軽量のブラウザOSとのことで、Webブラウザ(Firefox)をメインで利用するユーザーをターゲットにして機能を最低限に絞り込んでいる・・・という印象を受けました。
Google が開発している Chrome OS と同じ方向性のOSですね

私はいま、寝室の枕元に置いた古いノートPC(Gateway SOLO 2150, Celeron 450MHz, 160MB RAM)で Puppy Linux を使っていますが、使用しているソフトはWebブラウザだけなんです。 » 詳しくはこちら

Puppy Linux を十分に満足して使っていますが、私の用途には xPUD 0.9.2 の方がもっと適しているのではないか・・・と思ったんです。

xPUD 0.9.2 はたしかに速いし、動作も軽いです

xPUD 0.9.2 の起動用USBメモリを作成して、パソコン教室くりっくにある少し古めのノートPC (Dell Inspiron 2200, Pentium M 1.6GHz, 768MB RAM) で使ってみました。

USBメモリを挿して電源を入れると、ほぼ瞬時に以下のような起動メニューが現れます。
このOSでの画面キャプチャの方法が分からなかったので、デジカメで撮影しました。
見づらくてすいません。
d0015124_2232437.jpg


言語一覧の中から Japanese を選択して起動すると、すぐに以下のようなメニュー画面(Windowsのデスクトップに相当する画面?)が表示されました。
d0015124_2234084.jpg

この画面は、
  • ホーム
  • メニュー
  • ファイル
  • セッティング
の4つのタブメニューに分かれたとてもシンプルなものです。

このノートPCの場合、内蔵無線LANのドライバを自動的に認識してくれて、苦労なく無線LANのアクセスポイントに接続することができました。
※ これは、xPUD のサイト にあった Extra Drivers を組み込んだ状態での話です。Extra Drivers なしだとドライバを認識しませんでした。

そして Firefox を使ってみましたが、起動はすごく速いし、スクロールも軽やかです。
d0015124_2218149.jpg

xPUD の画面の特徴のひとつが、画面右上のめくれる部分です。(下の写真参照)
Firefox を起動した直後の状態では画面左側のタブメニュー(ホーム~セッティング)が表示されていて、ブラウザの画面が狭く感じますが、画面右上にマウスを近づけると下の写真のようにめくれて、最大化ボタンをクリックすると Firefox のウィンドウが画面いっぱいに表示されます。
d0015124_22243038.jpg

xPUD のコンセプトはとても好きですし、インターフェースはシンプルでなかなかいいのですが、現在のバージョンには以下のような欠点があるので、私はまだ使わないことにしました。

xPUD の欠点 その1.日本語入力ができない

xPUD 0.9.2 では日本語の表示はできますが、日本語入力ができません。
メールの返信やブログのコメントなど、日本語入力は必須です。

xPUD の欠点 その2.無線LANドライバの認識が弱い

上記に書いた Extra Drivers を追加しても、パソコン教室くりっくにある6種類の無線LANカードやUSBタイプの無線LANアダプターは認識されませんでした。

バージョン 1.0 には大いに期待しています。

Linux関連記事


[PR]
by pc_klik | 2010-01-10 22:36 | パソコンのこと

新潟県南魚沼市のパソコン教室くりっくのブログです。くりっくは完全個別レッスンだからビデオ教材や講習会よりよくわかります。分からないところや疑問点はどんどん質問してください。すぐその場で解決をお手伝いします。Tel:025-779-2843


by パソコン教室くりっく