<< Google フォームを使って... iPad で LINE がすご... >>

Excel 2013/2016 のあの画面をスキップするには

Excel 2013/2016 を使っていると、以前のバージョンに比べてファイルを作成するときと保存するときに手順が増えてめんどくさく感じます。

その手順をスキップする方法を紹介します。

まず、Excel を起動してファイルを作成しようとするとこの画面が出ますね。

d0015124_13375345.gif


私が仕事で Excel を使うときに今までこの画面で 【空白のブック】 以外を選んだことがありません。

なので、起動したらすぐに空白のブックが表示されるようにしています。

そのための設定手順は以下の通りです。

【ファイル】 ⇒ 【オプション】 ⇒ いちばん下の 【このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する】 のチェックを外す ⇒ 【OK】

d0015124_13394443.gif


もうひとつ・・・ ファイルを作成して、【ファイル】 ⇒ 【名前を付けて保存】 とするとこの画面が出ます。

d0015124_13401293.gif


私は OneDrive を積極的に使っておらず、新規のファイルを作成したときにまずデスクトップに保存することがほとんどです。

なので、私は名前を付けて保存のときには 【F12】 キーを押しています。

【F12】 キーを押すと、バージョン 2010 までと同じこのような画面がすぐに表示されます。

d0015124_13414280.gif


この記事は Excel に関する内容ですが、Word 2013/2016 でも同様です。
[PR]

by pc_klik | 2016-10-06 13:45 | パソコンのこと・あれこれ

<< Google フォームを使って... iPad で LINE がすご... >>

魚沼情報サービスのホームページへ | パソコン教室くりっくのホームページへ | ブログトップ   昨日:   今日:   合計:
AX