<< 今日の菜園の収穫 今日もいい天気になりそうですな... >>

winmail.dat というメールの添付ファイル

パソコン教室くりっくのお客さんから、メールに写真を添付して私宛に送ってくれたとの電話がありました。

その方から受け取ったメールを確認したところ、添付されていたのは winmail.dat というファイルだけでした。

winmail.dat ってなに?

試しに、この winmail.dat というファイルをテキストエディタで開いてみると、その方のメールアドレスが先頭に書き込まれているのは確認できるのですが、それ以外はまったく判読不可能です。

そこで、ネットで調べてみて、以下のページを見つけました。

Outlook で受信した電子メール メッセージに添付ファイル Winmail.dat が含まれる
   http://support.microsoft.com/kb/278061/ja

このページによると、Microsoft Outlook で送信したメールに winmail.dat というファイルが添付されることがあり、しかもこのファイルは
メッセージ内で開くことはできません。元のメッセージの添付ファイルが Winmail.dat ファイルと別々になっておらず、Winmail.dat ファイルの中に含まれている場合があります。
とのことです。

要するに、受け取った写真を開くことはできません・・・ということみたいですなぁ。

どうやったら winmail.dat を開くことができるのか?

このような添付ファイルを送信しないようにする設定手順は、上述のマイクロソフトのページに書かれていましたので、そのお客さんのパソコンを設定して今後の対策を講じることはできました。

ところで、受け取った winmail.dat から写真を取り出す方法ってあるの? という疑問が沸いてきたので、さらに調べてみたところ、あるんですねぇ~、このファイルを開いてくれるフリーソフトが!

そのフリーソフトの名前は Winmail Opener といいます。

下の画面が、このソフトで winmail.dat を開いたところです。
d0015124_12283213.jpg

ちゃんと写真のファイルがあることが確認できて、写真を取り出すこともできました。
メデタシメデタシ!

Winmail Opener は以下のページから入手できます。
http://cowscorpion.com/Mail/WinmailOpener.html
[PR]

by pc_klik | 2007-10-14 12:28 | パソコンのこと・あれこれ

<< 今日の菜園の収穫 今日もいい天気になりそうですな... >>

魚沼情報サービスのホームページへ | パソコン教室くりっくのホームページへ | ブログトップ   昨日:   今日:   合計:
AX