<< 新潟県南魚沼市は冬景色に戻っています アザレアの葉っぱが元気になって... >>

Internet Explorer 8 の正式版公開、しばらく様子を見るのがよさそうです

Internet Explorer 8 の正式版が公開されました

3月20日にマイクロソフトのホームページ上で Internet Explorer 8 の正式版が公開されましたので、さっそく試してみました。

Internet Explorer はOSの一部としての役割も持っているので、Internet Explorer をバージョンアップすると動かないソフトが出てくる可能性があります。そこで、いつも仕事で使用しているメインのパソコンにいきなりインストールせずに、使用頻度が低い別のパソコンにインストールして使ってみました。

Internet Explorer 8 になって変わったところ

まだ少ししか試していませんが、その範囲の中で今までのバージョンとの違いとして感じたのは以下のようなところです。
  • 速くなった
    マイクロソフトによると、最新バージョンの Internet Explorer は Google Chrome や Firefox よりも高速とのこと・・・。使ってみたかんじでは、今までのバージョンに比べて、たしかにスムーズな動きをしているように思いますが、体感的には Chrome の方が軽いように私は感じます。
  • Web標準準拠
    Internet Explorer には独自のタグや拡張仕様がありますが、最新バージョンになってWeb標準準拠の表示方式がデフォルトになりました。ホームページを制作する人にとっては、これはかなり大きな変化です。従来の Internet Explorer 向けに作られたホームページの中には、レイアウトやデザインがくずれてしまうものがありますが、その対策として Internet Explorer 8 には [互換表示] ボタンが追加されました。このボタンをクリックすることにより、従来の Internet Explorer と同じ表示方式に切り替えることができます。
  • 新機能がいろいろ追加された
    すぐに目についたのが [セーフティ] という新しいメニューですが、それ以外にも アクセラレータ とか Webスライス という機能が追加されています。名前だけではどのような機能なのか分かりませんが、時間のあるときに使ってみたいと思います。
d0015124_15324413.gif

Internet Explorer 8 でさっそく不具合が発生

Internet Explorer 8 をインストールした Windows Vista パソコンで、さっそく不具合が起きるようになりました。

パソコン検定(P検)の模擬試験を実行したら、終了時に オートメーションサーバーから警告 というメッセージが次から次へと現れて、強制終了しないといけない状況になってしまいました。
d0015124_1533380.jpg

強制終了した後にスタートボタンとタスクバーが表示されず、マウスではシャットダウン操作ができなくなってしまうこともありますので、かなり深刻な問題です。

ということで、しばらくは Internet Explorer 8 に全面的に移行せずに、1~2台だけにインストールして様子を見ることにしました。


デル株式会社

[PR]

by pc_klik | 2009-03-25 15:34 | パソコンのこと・あれこれ

<< 新潟県南魚沼市は冬景色に戻っています アザレアの葉っぱが元気になって... >>

魚沼情報サービスのホームページへ | パソコン教室くりっくのホームページへ | ブログトップ   昨日:   今日:   合計:
AX