タグ:出張サポート ( 11 ) タグの人気記事

出張パソコンサポートのご案内 - 魚沼情報サービス

d0015124_1131663.gif

こんなときご自宅・会社にうかがってお力になります

  • パソコンが動かなくなっちゃった・・・
  • ウィルスに感染したみたい・・・
  • 削除・破損してしまったデータを復元したい・・・
  • 壊れたパソコンやハードディスクからデータを取り出したい・・・
  • インターネットにつながらない・・・
  • 起動に時間がかかる、動きが遅くなった・・・
  • CD(DVD)を開くことができない・・・ などなど

サポート料金

  • 1時間あたり 5,400円 (税込)
  • 別途、以下の出張料(税込)がかかります。
    片道10Kmまで 1,290円 片道20Kmまで 1,940円 片道30Kmまで 2,590円
  • 部品などの交換修理を行った場合、別途部品代金がかかります。
  • 安心・お得なサポート契約も用意しております。詳しくはお問合せください

持ち込み修理も可能です

パソコンや周辺機器をお持ち込みいただいてのサポートも行っています。
詳しくは こちら をご覧ください。

連絡先

電話:025-779-2843 (9:00~17:00)
平日17:00以降および土日・祝日は事前のご予約により対応可能です。
詳しくはお問合せください。
[PR]

by pc_klik | 2014-04-01 10:10 | 出張サポートサービス

SecurityRisk.eGatherer に感染?

お客さんから、パソコンの調子が悪くなったので見に来てほしい、ウィルスにも感染しているようだ、との連絡をもらって見に行きました。

パソコンの不具合の方はうまく解決したのですが、ウィルス感染の方を調べて、「へぇぇ~」と思うことがありました。

そのパソコンに入っている Norton Internet Security が検出したものが SecurityRisk.eGatherer という名前なのですが、これはウィルスに感染しているのではなく、お使いの IBM ThinkPad というノートパソコンにインストールされている Access IBM というソフトにセキュリティホールがあることを指摘していただけのことでした。つまり、感染していなかったんですね。

Norton のホームページによると、SecurityRisk.eGatherer について、IBMのホームページからアップデートをダウンロードしてインストールすることを「駆除方法」として載せてあって、これも紛らわしい書き方だなぁ・・・と思います。

まぁ、大事に至らなかったということで、よかったですわ。

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2008-02-26 13:30 | サポート業務事例

CD/DVDドライブで、デバイスドライバを読み込むことができません コード39

このハードウェアのデバイスドライバを読み込むことができません・・・というエラー

お客さんのWindowsXPパソコンで、CD/DVDドライブが使えなくなったので見てほしい、とのご依頼を受けて調査および対策を行いました。

マイコンピュータの画面を開いてみたところ、CD/DVDドライブのアイコンが表示されていなかったので、最初はドライブの故障の可能性が高そうだと思ったんですが、そのお客さんによると、ウィルス対策ソフトの継続手続きおよびバージョンアップをした後からこの不具合が起きるようになったとのこと・・・。
ということは、機械的な故障の可能性は考えにくいですね。

デバイスマネージャでCD/DVDドライブの状況をチェックしたところ、
このハードウェアのデバイスドライバを読み込むことができません。ドライバが壊れているか、ドライバがない可能性があります。(コード39)
と表示されていました。(下図参照)
d0015124_031028.gif

ちなみに・・・
この画面に [トラブルシューティング] というボタンがありますが、このボタンは問題の解決策を探るためのボタンです。しかし、経験的に言って、このボタンはある程度以上の厄介な不具合のときにはあまり役に立たないんです。

ドライバをインストールし直してもダメ・・・

このテの不具合のときには、デバイスマネージャからCD/DVDドライブをいったん削除してからWindowsXPを再起動すると、ドライバが再インストールされて解決する・・・ということが多いんです。

それを試してみたが、状況は変わらず・・・。

レジストリエントリを削除して解決!

そこで、インターネットで調べてみたところ、関連がありそうなマイクロソフトのサポート技術情報が見つかりました。

この技術情報によると、パソコンにインストールされているソフトを削除した後にこのお客さんのパソコンと同じ不具合が起きる可能性があり、解決策として、以下のページに書かれている手順によって、レジストリエントリを削除すればよい、とあります。

Windows XP で CD 書き込みプログラムまたは DVD 書き込みプログラムを削除すると、CD ドライブまたは DVD ドライブにアクセスできなくなるか、あるいはエラー メッセージ "エラー コード 31" が表示される
   ⇒ http://support.microsoft.com/?kbid=314060

念のためレジストリをバックアップしてから、該当するレジストリエントリ2件を削除して再起動を行いました。

その結果、CD/DVDドライブがマイコンピュータに表示されるようになり、不具合も解消されました。

メデタシ、メデタシ・・・。

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2008-02-09 18:30 | サポート業務事例

DVDが読めるけど、CDが読めない・・・

年賀状のイラストが入ったCD-ROMを買ってきて使おうとしたら、開くことができないので、見に来てほしい・・・との依頼の電話があり、そのお客さんのお宅にうかがってきました。

CDを開こうとすると、準備ができていません・・・というエラーメッセージが開くんですね。

もう1台のパソコンではそのCDを開くことができているので、買ってきたCDには問題はない・・・
ということは、CDドライブの故障と考えるのがふつうです。

でも・・・そのパソコンでDVDを開くことはできるんです!

DVDの方が記録密度が高いので、DVD:NG CD:OK というケースは理解できるんですが、その逆ってのは初めて見ました。

ソフト的な問題である可能性もあったので、常駐プログラムやCD書き込みソフトをひと通りチェックしてみたんですが、原因らしいものが見つからず・・・。

結局、原因はCD/DVDドライブでした。

パソコン教室くりっくのパソコンにそのドライブを取り付けると、同じ不具合が再現しました。

めずらしいこともありますなぁ・・・。

ドライブを交換して、年賀状作成を行えるようになりました。

メデテシ、メデタシ・・・。

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2007-12-22 18:00 | サポート業務事例

年賀状作成でお困りの方はご連絡ください ~ 新潟県南魚沼市・パソコン教室くりっく

毎年この時期(12月後半)になると、出張サポートの依頼が増えます。
その多くがパソコンでの年賀状作成に関わること(操作方法・プリンターの不具合・etc)です。
今日もまた電話があり、これから出張してきます。

パソコン教室くりっくは12月30日(日)まで営業しております。
年賀状作成でお困りの方は こちら までご連絡ください。
お力になりますよ~!
[PR]

by pc_klik | 2007-12-22 13:39 | パソコン教室のできごと

WindowsXP SP2 のアンインストールは要注意です

お客さんから電話で「パソコンが起動しなくなったので、見に来てほしい」とのサポート依頼があり、見に行きました。

状況としては、WindowsXPが起動してデスクトップが表示されるタイミングで、以下のメッセージが表示されていました。
Explorer.EXE - エントリポイントが見つかりません
プロシージャエントリポイント SHCreateThreadRef がダイナミックリンクライブラリSHLWAPI.dll から見つかりませんでした。
このメッセージを閉じると、デスクトップの背景は表示されますが、スタートボタン、タスクバー、デスクトップのアイコンなどが表示されないままになってしまう、という現象でした。

お客さんの話を聞いてみると、WindowsXP SP2 をインストールしたら音が鳴らなくなったので、WindowsXP SP2 を削除したらこうなってしまった・・・とのこと。

調べてみたところ、WindowsXP SP2 をアンインストールすると、このような不具合が起きる可能性があるようです。

[Ctrl]+[Alt]+[Delete] でタスクマネージャを表示することができたので、タスクマネージャの画面からWindowsXP SP2 のCD-ROMにある AUTORUN.EXE を実行して、WindowsXP SP2 をインストールしました。

その結果、WindowsXP SP2 のインストールがうまくいって、WindowsXP SP2 の状態で正常に起動するところまでたどりつきました。

音が鳴らない件については、WindowsXPがインストールされた初期の機種によく見られる不具合で、パソコンメーカーのホームページのサポート情報を探すと修正プログラムが見つかりますので、そこからダウンロードして解決しました。

メデタシ、メデタシ・・・。

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2007-11-11 21:30 | サポート業務事例

シリアルATAのハードディスクを交換

お客さんのパソコンのハードディスクが故障して、交換修理しました。

交換したハードディスクは現在の主流となっている シリアルATA という方式のものです。

シリアルATA方式は、従来のパラレルATA方式と比べると、読み書きの速度が向上したのがメリットであると言われています。

写真 上:パラレルATA 下:シリアルATA
d0015124_9262753.jpg

シリアルATAのハードディスクの交換をしたのは、今回が初めてなのですが、とても扱いやすくなっているなぁ・・・と感じました。

まず、電源コネクタの抜き差しがすごく楽です。
従来のハードディスクは電源コネクタがなかなか抜けなくて、指先が痛くて切ない思いをしたことがときどきあったので、これはすばらしい改良だと、ワタクシとしては強く思います。

次に、設定がかんたんです。
従来のハードディスクは マスター/スレーブ という設定が必要で、その設定をジャンパーピンという細かい部品を抜き差しして行うようになっています。ピンの取り付け位置がハードディスクに印刷されているのですが、それが小さくて最近老眼気味になったワタクシには見づらいんですわ。
シリアルATA方式の場合はこの設定がないので、楽ちんです。

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2007-08-03 09:34 | サポート業務事例

例年通り、今週も年賀状のサポートが多いです ~ 新潟県南魚沼市・パソコン教室くりっく

あとちょっとで今年も終わりとなり、今週はパソコン教室の通常の実習は少ないんですが、例年通り、「年賀状がうまくいきません」というお客さんからのサポート依頼がけっこうありました。

パソコン教室くりっくは30日(土)まで営業していますので、ギリギリになって、困ったぁ!という方はご一報ください。

実はワタクシもまだ年賀状作成には着手しておりませんで、明日作る予定です。

■□■ パソコン教室の案内はこちらです ■□■

[PR]

by pc_klik | 2006-12-28 17:23 | パソコン教室のできごと

年内は12月30日(土)まで営業します ~ 新潟県南魚沼市・パソコン教室くりっく

パソコン教室くりっくは、年内は12月30日(土)まで営業しています。

例年、クリスマス過ぎ~30日頃になるといただく電話が、「年賀状が印刷できないから見に来て~」というヘルプ依頼です。

ギリギリになってお困りの方、ご一報ください。お力になりますよ!

■□■ パソコン教室の案内はこちらです ■□■

[PR]

by pc_klik | 2006-12-19 00:55 | パソコン教室のできごと

出張先にて

ただいま、出張先にて携帯からの記事投稿の説明をしています。
d0015124_14334492.jpg

[PR]

by pc_klik | 2006-10-20 14:33 | ケータイから投稿

魚沼情報サービスのホームページへ | パソコン教室くりっくのホームページへ | ブログトップ   昨日:   今日:   合計:
AX