タグ:Windows Vista ( 8 ) タグの人気記事

Google Chrome が3月いっぱいで Windows XP/Vista のサポートを終了

Windows Vista で Chrome を起動したら、こんなメッセージが表示されました。
Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは間もなく Google Chrome のアップデートが受信されなくなります。

d0015124_14235113.jpg


[詳しく見る] をたどっていくと、Chrome Blog のこんな記事がありました。

d0015124_14235576.gif


Windows Vista のサポートも同時に終了する理由について
マイクロソフトが積極的にサポートしなくなったため
と説明されています。

マイクロソフトは Office 2013 の時点で Windows Vista をサポートから外していましたので、積極的にサポートしていないのは間違いないです。

でも、グーグルの理由はしっくりきません。

この理由から考えると、Chrome が今でも Windows XP をサポートしているのは矛盾しています。

マイクロソフトがサポート終了した Windows XP をその後2年間近くもサポートし続けているんですから。

d0015124_14235783.gif


結局、マイクロソフトのサポートの有無に関係なく
  • Windows XP は利用者が多いからサポートを継続した。
  • Windows Vista は利用者が少ないからサポートを終了する。
ということなんだと思います。

たしかに、Windows Vista を使っている人って見かけなくなりましたね。


【2016.2.2 追記】Windows Vista を使い続けてよいか


この記事を投稿してから、ブログへのアクセスが通常の倍以上に増えています。

もうしばらく使えると思っていたところに「Windows Vista はサポートされなくなったため・・・」なんて言われると不安になりますよね。

この記事でも Windows Vista についてどちらかといえば悲観的に書きましたが、マイクロソフトのサポートが提供される2017年4月11日までは Windows Vista を使うことに問題はありません。

ただし、4月になったら Chrome を使わない方が安全です。

Firefox とか Opera も Windows Vista をサポートしていて、サポートを終了するようなアナウンスはいまのところないので、こういったブラウザに切り替えた方がよいです。
[PR]

by pc_klik | 2016-01-28 13:50 | パソコンのこと・あれこれ

Windows Vista がDHCPサーバー(MN7530)からIPアドレスを取得できない

パソコン教室くりっくのお客さんで、パソコンを Windows Vista に買い替えたら、インターネットにつながらなくなってしまったケースがありました。

お客さんのお宅にうかがって調べてみたところ、LANケーブルの配線は問題ないのですが、ルータ(DHCPサーバー)からIPアドレスを取得できず、そのためにインターネットにつながらなくなっていることが分かりました。

そのお客さんがお使いのルータは、NTT-ME製の MN7530 という機種ですが、DHCPサーバーの設定も問題ないですし、今までは WindowsXPで問題なく使えていたとのことなので、故障しているとも考えづらい状況でした。

調べてみたところ、Windows Vista では特定のルータと組み合わせるとこの不具合が起きる可能性があることが分かりました。

詳しくは ⇒ http://support.microsoft.com/kb/928233/ja (マイクロソフトサポート技術情報)

ここに書かれている、レジストリの変更を行ったところ、IPアドレスを取得できるようになり、インターネットにつながりました。

メデタシ、メデタシ・・・

| この他のサポート業務事例を こちら からご覧いただけます。 |
[PR]

by pc_klik | 2007-11-30 11:48 | サポート業務事例

パソコン機種入れ替え完了、レイアウトも変更しました

パソコン教室くりっくの実習用パソコンの機種入れ替え作業を完了しました。
これに合わせて、教室内の机のレイアウトも変えました。

新しい実習用パソコン、Dell Vostro 200

新しい実習用パソコン、Dell Vostro 200 を4台並べて設置しました。
Windows Vista + Office 2007、および WindowsXP + Office 2003 の両方の実習環境を切り替えて起動できるようにしてあります。*1
d0015124_16164319.jpg


ノートパソコン実習、お茶飲み用のスペースも・・・

今回のレイアウトを変更により、ノートパソコンやプリンターなどを持ち込んで実習する方や、お茶飲みに使っていただくためのスペースをたっぷり確保しました。
d0015124_16393939.jpg

*1 設定方法について興味がある方は、こちらの記事 をご覧ください。

■□■ パソコン教室の案内はこちらです ■□■



デル株式会社

[PR]

by pc_klik | 2007-10-23 16:27 | パソコン教室のできごと

Dell Vostro 200 スリムタワー をデュアルブートに設定する方法

パソコン教室くりっくの新しい実習用パソコン Dell Vostro 200 スリムタワーには、元々 Windows Vista がインストールされていましたが、このパソコンを Windows VistaWindowsXP の両方が使える、いわゆる「デュアルブート」に設定しましたので、作業を行う上でのポイントとなることを中心にその作業手順を紹介します。

この記事において、ハードディスクの増設作業に関する基本的な操作手順や注意事項については説明を省いてありますので、このような作業の経験がない方にとっては不親切な説明内容になっていると思います。ご了承ください。

設定作業を行うにあたって

今まで教室で使っていたパソコンのように、内蔵されているハードディスクを2つのパーティションに分けて、System Commander のようなソフトを使って起動メニューを表示する方法もあるのですが、今回購入した Vostro 200 は、内蔵されている複数台のハードディスクのどこからでもOSを起動することができる機能があり、また最近はハードディスクがかなり安くなっていますので、ハードディスクをもう1台増設する方法で今回は設定作業を行いました。

購入した Dell Vostro 200 以外に用意するもの

  • 増設用ハードディスク
    WindowsXPをインストールするために使います。必ず シリアルATA というタイプのものを選んでください。(このパソコンでは、Ultra ATA というタイプのハードディスクは使えません)

  • WindowsXP
    パソコンのパーツショップでハードディスクとセットで買える WindowsXP OEM版 が安くていいです。なので、ハードディスクといっしょに購入するとよいでしょう。

  • シリアルATAケーブル
    ハードディスクといっしょに購入するとよいでしょう。

  • ハードディスク固定用ネジ
    ハードディスクといっしょに購入するとよいでしょう。

  • プラスドライバー

増設用ハードディスクの取り付け

増設用ハードディスクの取り付けについては、Dell Vostro 200 に付属している オーナーズマニュアル P.152~P.153 に書かれているので、ここでは詳しく書きません。

※ すべての作業が完了するまではケースを開けたままにしておくと都合がよいです。

※ この記事の手順説明においては、以下の写真に示すコネクタに増設用ハードディスクを接続することを前提にしています。
d0015124_16112840.jpg

元々内蔵されていたハードディスクの切り離し - ここが重要!

WindowsXPをインストールする前に、元々内蔵されていたハードディスクの接続用ケーブルをマザーボードから抜いておきます。これを抜かないで作業を続けると、Windows Vista が起動しなくなってしまいます。

WindowsXPのインストール

WindowsXPのCD-ROMから起動して、WindowsXPをインストールします。
WindowsXP をインストールしたら、WindowsXP が正常に動作することを確認しておきましょう。

※ WindowsXP をインストールしただけでは、動作しないデバイスがいくつかありますので、Vostro 200 に付属のドライバCDからデバイスドライバをインストールしておきましょう。

元々内蔵されていたハードディスクの接続

切り離してあったハードディスクのケーブルをマザーボードに接続します。
この後に電源を入れると、Windows Vista が起動します。

WindowsXP を起動するには

WindowsXP を起動したいときには、以下の手順で操作します。

1. 電源を入れて、DELL のロゴが表示されているときに、キーボードの [F12] を何回か押します。
    参考写真:ディスプレー右上に表示される文字
d0015124_1615347.jpg

2. すると、青い背景の Boot Menu の画面が表示されます。
d0015124_1616095.jpg

3. キーボードの矢印キーで SATA-5 を選択して、[Enter] キーを押すと、WindowsXP を起動することができます。

通常は WindowsXP が起動するように設定するには

まだしばらくの間、パソコン教室くりっくでは、WindowsXP を使った実習を行う割合が高いので、電源を入れると自動的に WindowsXP が起動して、必要なときに Windows Vista を起動して使うように設定しています。

そのための設定手順は以下の通りです。

1. 電源を入れて、DELL のロゴが表示されているときに、キーボードの [F2] を何回か押します。

2. すると、青い背景の Phoenix AwardBIOS CMOS Setup Utility の画面が表示されます。

3. Boot Device Configuration を開きます。

4. Hard Disk Boot Priority を開きます。
d0015124_16171972.jpg

5. SATA-5 を選択して、+ キーを押すと、この行がいちばん上に移動されます。

6. [F10] キーを押して設定を保存します。

WindowsMe/Windows98も使えるように・・・

頻度は低いですが、WindowsMeやWindows98での実習もまだ行うときがあります。そのときのために、古めのパソコンもしばらく教室に設置しておきますが、できれば今回購入した Vostro 200 でできるようにしたい・・・。

ということで、WindowsMe/Windows98 をUSBメモリにインストールして、USBメモリから起動できるようにする計画を立てています。

これが実現できれば、USBメモリを挿せば4台のどのパソコンでも実習ができるようになって、とても便利になります。

うまくいったら、またこちらで手順を紹介します。


デル株式会社

[PR]

by pc_klik | 2007-10-19 16:17 | パソコンのこと・あれこれ

Dellから新しいパソコンが到着!!

先ほど、パソコン教室くりっくの新しい実習用パソコンがDellから到着しました。
d0015124_11594795.jpg

これでやっと、遅ればせながら、くりっくのパソコンでも Windows Vista を使った実習ができるようになります。

そうは言っても、まだしばらくは WindowsXP での実習が中心となりますので、新しいパソコンには、Windows XP+Office 2003、そして Windows Vista + Office 2007 の2つの実習環境をセットアップします。なので、セットアップ作業に少し日数がかかるかもしれません。

それ以前のバージョンが入ったパソコンも残しますので、以前のバージョンをお使いの方もご心配なく・・・。

■□■ パソコン教室の案内はこちらです ■□■



デル株式会社

[PR]

by pc_klik | 2007-10-12 12:02 | パソコン教室のできごと

Windows Vista パソコンに機種入れ替え!

d0015124_16145937.gif機種入れ替え! なんて、パチンコ店みたいですが、パソコン教室くりっくでは近々教室内のパソコンを新しい Windows Vista マシンに入れ替えることになりました。



いま使っているパソコンでも、WindowsXP/Office 2003 くらいまでなら十分に実用レベルの動作をするのですが、Windows Vista や Office 2007 を動かすにはちょいと非力なんです。

d0015124_1615107.gif
昨日パソコンを注文したのですが、パソコンが届いてセットアップが完了するのが10月中旬頃になる見込みです。


追記:
新しいパソコンには、Windows Vista と Windows XP の両方をインストールします。今まで通り Windows XP や 旧バージョンの Word/Excel での実習も行うことができます。また、Windows Me/98 がインストールされたパソコンも引き続き設置しますので、古いパソコンをお使いの方もご安心ください。

■□■ パソコン教室の案内はこちらです ■□■



デル株式会社

[PR]

by pc_klik | 2007-09-28 16:16 | パソコン教室のできごと

いまWindowsXPパソコンを買うことを検討してみては・・・

これから電器店で売られるパソコンは Windows Vista + Office 2007 がインストールされた機種が中心になり、Windows XP + Office 2003 のパソコンは店頭から徐々に姿を消していきます。

そこで、いま使っているパソコンの買い替え(買い足し)をお考えの方へひとこと・・・

Windows XP + Office 2003 が入ったパソコンを、今あえて買うことも検討されるといいですよ。

Office 2007、つまり Word・Excel の最新バージョンには問題点があります。それは、製品そのものの不具合とかではなく、今までのバージョンを使ってきた人が感じる不便さです。

Office 2007 になると、使い勝手が変わる


Word・Excel が登場してから十数年間ずっと変わらなかった使い勝手が、新しいバージョンではガラッと変わっています。

今まで Word・Excel を使っていた人が Office 2007 を使うようになると、その当初は間違いなく作業効率がガクンと落ちます。

そして、Word・Excel の基本的な操作を勉強し直す必要があります。

Office 2007 になると、保存形式が変わる


使い勝手だけではなく、保存形式も大きく変わります。

Word・Excel の最新バージョンで作成した文書や表をふつうに保存すると、拡張子が docx(Word)、xlsx(Excel) となります。

作成した文書や表を今までの Word・Excel で開くためには、前のバージョンが入ったパソコンに「互換パック」というソフトをインストールしなければなりません。

つまり、新しい Word・Excel で作成した文書や表を他の人に渡したときに、相手のパソコンで開くことができない・・・という問題があちこちで起きることになります。

こういった問題を回避するためには、Windows XP + Office 2003 が入ったパソコンを買うのがいいのですが、昨日まではそれをお勧めしづらかったんです。

お勧めしづらかった理由は、Windows 98/Me のように、マイクロソフトがそう遠くない将来に Windows XP のサポートを終了してしまう可能性があったからなんです。

ところが昨日、マイクロソフトが Windows XP のサポート期間の大幅な延長を発表しました。詳しい内容は、以下のページをご覧ください。
Windows XP Home Editionのサポート期間、2014年4月まで延長

つまり、あと7年間はサポートが保証されたわけで、いま買っても将来も安心・・・ということになったんですね。

ですから、いま Word・Excel を使っていて、パソコンを買おうと思っている方は、じっくりとご検討ください。

旧機種扱いで値下げされている Windows XP + Office 2003 のパソコンを見つけて買うのが賢明だと、私は思うんですが・・・。
[PR]

by pc_klik | 2007-01-26 13:34 | パソコンのこと・あれこれ

パソコンを買うのはもう少し待った方がいいですよ・・・

パソコン教室のお客さんに質問されたことなんですが・・・

Q.パソコンを買おうかどうしようか迷っているけどどうしたらいい?


ここまできたら、もうしばらく待った方がいいですよ。

年が明けてしばらくすると、Windows Vista と Office 2007 という最新バージョンが入ったパソコンが発売されます。

新しいバージョンでは、Windows/Office共に画面の使い勝手が今までとかなり変わりますので、いま使っているパソコンとの違いに戸惑ってしまう人も多いはず・・・。

どうしても今すぐパソコンが必要!ということでなければ、あと1ヶ月くらい待って、以下のようにするのがお勧めです。

□ 新しモノ好きの方
最新機種を買いましょう。

□ 操作ががらっと変わると困る方
  (例:会社のパソコンと同じ使い勝手がいい)
あと1ヶ月待てば、WindowsXPパソコンが値下がりするはずですし、うまく店頭在庫処分があればかなり格安に買えますので、それを狙うのもいいでしょうね。
[PR]

by pc_klik | 2006-12-23 14:48 | パソコンのこと・あれこれ

魚沼情報サービスのホームページへ | パソコン教室くりっくのホームページへ | ブログトップ   昨日:   今日:   合計:
AX